フェルなんです

性同一性障害と診断されSRSを経て 性別変更をしたわたしの GIDラブロマンティック小説と ときどきキャンプとか写真の事とか

カテゴリ:体験談小説

それはよくある女の子同士の友達としての 触れ合いかなと思ってた。 菊美ちゃんが繋いだ手を離す バレッタで束ねた髪の毛のおくれげが湯に濡れて 光っている。 お湯の中で離した手がワタシの胸に触れた 彼女を見る、彼女もワタシを見る 彼女の意思が伝わってくる ワタ ...

車の免許証は18歳の時に世田谷の自動車学校でとった。 仕事をしながら教習所へ通っていたので免許証を手にするまで半年もかかってしまった。 ワタシは営業だったので車は毎日乗った、初心者の頃は首都高速の出口を降りれなく環状線を一周して取引先との待ち合わせの時間に遅 ...

今回は?桜の花びらの子はお休みにします 楽しみにされていた方はごめんなさい。 どうして?って…正直に言うと飽きてきた…アハ 冗談です。 SRSも終わり桜の花びらの子も最終章に入ってゆきます。 日記を読み返しながら、どういうふうに伝えていけばいいのかを模索する ...

オンナゴコロ届いたの続きです 金曜日の夜恋人達で埋まる部屋 ワタシ達は1時間待って部屋を確保した 「 陽弥、さっきはキュンときちゃった。かっこよかったよ 」 「 君があんな事言うから咄嗟に行動してたよ 」 ワタシは彼に抱きつき甘える 「 いっぱい愛して 」 彼 ...

遠目に陽弥の姿を確認する、陽弥は待ち合わせの女の子に混じってひとりで浮いてた。 ワタシは赤信号を待ちながら可笑しくなる 信号が青に変わる、横断歩道を渡りながらも陽弥から目を離さない、悪戯心が芽生えた。 いつ気づくか見ててやろう、ワタシは視線を変えれば発見で ...

↑このページのトップヘ